FC2ブログ

chokipaw日記

奈良県橿原市の笑顔をつなげるトリミングサロン「ちょきちょきはうすPaw」のブログ

マウスケアのプリント~


イラストからなにから全部自分でつくっていたので、相当時間がかかりましたがやっと出来上がりました~( ノ^ω^)ノ

マウスケアのプリント♪

・歯周病の話
・歯が折れたらどうなる?
・子犬のときの歯並びでその後が決まる
・歯周病の体への影響
・マウスケアってどうやるの?

などなど、
てんこ盛りの総6ページの内容となっております(^-^)

すっごく時間はかかりましたが、その代わりに私が学んできたこと、伝えたいことをしっかりと詰め込んだ納得できるものに仕上がっております☆

どのプリントを作るときも、いかにわかりやすく読みやすくというを大事にしておりますので、言葉だけで説明を聞いてもらうよりも「そうなんだ」って思ってもらえるんじゃないかと!


『歯周病は顎の骨を溶かして腐らせる感染症です!』

「ただ歯が抜けるだけでしょ」って思っている方が多いので、顎の骨が溶けて薄くなると簡単に折れるようになるんですよって説明をすると本当に驚かれます。

「周りにそんなことになったコがいない」と言われることもありますが、うちのお客さまの中にもお家で下顎が折れて垂れ下がったコもいます。

(うちの店では重度の歯周病になっているコは、トリミングで骨が折れてしまうことがあると了承をいただいてからの施術となります)

どうして骨が折れやすくなるのかも、プリントを読んでもらえばご理解いただけるかと。


そして歯周病は、ものすごく沢山の病気を引き起こす原因にもなります。

もうご存じの方は多いかとは思いますが、私は歯並びと噛み合わせの治療中です。

歯がガタガタで歯周病になりやすいってわかっていたので、歯医者さんには定期的にクリーニングへ行っていて、毎回きれいに磨けてると歯科衛生士さんに言われていたのに歯周病の兆候がでてきたから、顎を短くする手術が必要だったけど矯正をすることにしました。

なんでそこまでするのか。

歯周病から繋がる病気がほんとに怖いものばかりだからです(´д`|||)

そして、それはワンコにとっても同じことなのですよ!
(体の仕組みは全く同じですからね)


歯周病は目に見えない歯茎の下で進行していく感染症であり、1才で9割のコが歯周病だといわれるワンコ達は「どれだけ進行をゆっくりにするか、いかに進行させないか」が、長く健康でいるための鍵となります。

そして、ワンコ達のお口の環境は唾液が菌が増えやすいアルカリ性であり、歯周病菌がものすごく増えやすいため、お家でのマウスケアがとっても大切なんですよ(*´・ω・`)b


トリミングをご利用いただいている方に順番にお渡ししていっております。
(他のプリントを先に渡した方がいいなって判断した場合は後回しになります)

マウスケアの大切さが伝わっていればいいな❤

ワンコだって歯が命❤
[ 2019/02/10 17:50 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

入院と手術と術後の休養期間について


今月、めでたく41才になりました。

前にブログで書いておりました、歯列矯正に伴う、噛み合わせを揃える手術の日程が確定しましたのでお知らせです(^^)

『歯列矯正中です』
http://chokipaw.blog2.fc2.com/blog-entry-160.html?sp

私の下顎は骨格が大きすぎて、歯並びを整えるだけでは噛み合わせが揃わないため、下顎の骨を短く切って引っ込める治療が必要でした。

咀嚼ができていなかったために胃腸に負担がかかりすぎていたことと、定期的にクリーニングに通っていたにも関わらず歯並びと噛み合せの悪さから歯周病の兆候がではじめたこと、このまま治療せずにいると後々にもっと別の病気につながって、よりお客さまにご迷惑をかけることになるなと治療をしていました。

その手術のため4月12日から入院となり、手術、退院後、ゴールデンウィーク明けまでお休みをいただきます。

退院してすぐに仕事をしようと思っていたのですが「両顎の骨を割るってわかってる!?」と手術をしてくれる主治医の先生に怒られちゃいました(´▽`;)ゞ

退院後2週間ほどお休みをいただいて、全部で1ヶ月弱の休業となりますので、前後で予約が混み合うことになるかと思われます。

いつもの来店ペースだとお休みとかぶっちゃうなという方は、今からうまく日程を調整しつつお早めにご予約ください。

休業期間:4月12日(金)~5月6日(月)
[ 2019/01/25 18:42 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

子犬さんのトリミング


プードルちゃんやらのカット犬種のコ達のトリミングデビューは、最後のワクチンが終わった生後4ヶ月頃が多いです。

奈良の方は前にも触れましたが、お金にとても煩い県民性があったりもして、

「値段が高い!」
「俺の散髪より高い!」
「うちのは家でシャンプーできるし!」

という方が結構いらっしゃいます。

(私達トリマーは言葉も通じない、いつどう動くかわからないコ達を相手に、なにを考えているのかとか読み取りながら、爪切りや耳掃除も含めて、刃物も使う作業を1~2時間かけていますが、短いと10分で終わる『俺の散髪』と比べちゃいます?という話はここでは置いておきます)

なので、2回目のご予約が3ヶ月後、4ヶ月後だったりすることもよくあるんですね。

『どれくらいのペースで来たらいいですか?』と聞かれることもよくありますが、子犬のうちになるべくたくさんご来店いただきたいなっていうのが本音です。


ワンコは生まれて1年でいっぺんに大人になる分、子犬の間にものすごいスピードでたくさんのことを吸収します。

それは社会化という時期で、色んなことをやらかして飼い主さんを試したりしながら、家族のなかで自分の置かれている状況を把握しながら成長していきます。

その間に正しく導いてあげることが、生涯をどのように過ごせるかにかかってくるって言っても過言じゃないほどのことなのですよ。

4ヶ月で来てくれた時点で、ワンコの性格と飼い主さんと話した感じで「これはこのままいくと大変なコになるぞ~」ということも結構あります。

次に7ヶ月のときにいらっしゃると、すっかり大変な性格が出来上がっちゃってる訳です。

お家でのそのコの扱い方を間違ってしまっていることがほとんどなので、間に来てもらえてたら伝えられることがたくさんあったのになとほんとによく思います。

(私は訓練士ではありませんが、ドッグライフカウンセラーの資格を取得しています)


『トリミングに連れていったら帰ってからずっと眠ってて可哀想だった』
『うちのコは怖がりだから』

と、なかなかいらっしゃらないということもよくあります。

初めて来た場所で、初めて家族と離れてひとりで、されたこともないことを経験するんですから、そりゃ疲れます。
当たり前です。
逆に疲れないほうがビックリします。

トリミングは慣れるしかないものです。

ただそれは単に回数をこなすだけではなく、「怖くないよ」と教えてあげて、「できたね~」と自信をつけてあげるものでなくてはありません。

そうしてあげるにしても、何ヵ月も間があいてしまうと怖かった記憶しか残りません。

人間でも歯医者が嫌いな人って、虫歯が酷くなったときしか行かなくて相当な痛い思いをしたから、歯医者に嫌なイメージしかなくてなかなか行かないものだったりしませんか?

定期的にクリーニングに通っていたら、治療は嫌だなぁとは思っていても、歯医者さんに行くこと自体にはそんなに「嫌じゃー!」とならないものだと思いませんか?

子犬のときから間を詰めて来てもらうと吸収が早いので、成犬になってからいらっしゃるよりも慣れてくれるのも早いし、喜んで来てくれるようになるコも多いんですよ(^-^)

そしてお店にいる時間が長いほど、落ち着いて過ごせるようにもなります。

怖がりだからとトリミングが終わる時間にあわせてお迎えにいらっしゃることもありますが、できれば10分でもいいからゆっくり来てもらうことで少しずつできることも増えるものです。

(写真のチボラくんはお店をはじめた頃から毎月来てくれていて、朝一番に来てお昼に帰るコなので、自分でケージの中に入っていって待ち時間は爆睡です)

お家以外の場所でくつろぐことができることって最強なのですよ(^-^)
万が一避難が必要になったときにも落ち着いていられたりしますからね。


もうひとつ重要なことは歯並びと噛み合わせ。

以前にブログであげましたが、ワンコの歯は乳歯が先に抜けていないと永久歯は横にズレて生えてきます。

『ワンコの歯並びの話』

http://chokipaw.blog2.fc2.com/blog-entry-162.html?sp

間違った場所に生えてきてしまった永久歯を、残っている乳歯を抜いて正常な位置に戻せるのは生後6ヶ月までなんですね。

そのまま歯が伸びていくと歯茎に刺さってしまうだとか、歯と歯がぶつかってしまう、歯が大きくて生えるスペースがない…というような歯を見つけても、2回目の来店が7ヶ月のときになるともう手遅れってことです(´д`|||)

歯が歯茎に刺さったままにすると、そこに潰瘍ができて出血することで歯周病の進行を早めます。
歯と歯がぶつかって割れてしまうと、早くにそこからも歯周病は進行します。

犬歯が乳歯が抜けていないと、1才でそこにもう歯石がたくさんついてしまってるコも多いものです。
(そもそもくっついて生えちゃうと歯垢を完全に落とすことは不可能ですからね)

歯周病は色んな病気につながるものなので、歯並びが決まる子犬の時期がとても大事で、適正な時期に修正できなければ歯を削ったり、抜歯が必要になるので、もう少し早く来てくれてたら…って思うことがほんとによくあります。


トリミングサロンは、家族以外の人と接することができる場所です。

人が苦手ならまず「私」という人間と接することで、他の人も怖くなくなるかもしれないんです。

色んな経験を積むこともできます。

お店に他にワンコもいたなら、一緒に放してあげることで、怖がらずに遊べるようになったコもいます。
(必ず相性はみていますよ)

怖くないよと教えてあげる。

できたことを自信に変えてあげる。

危ないことをしたら怒って、いけないことだと教えてあげる。

我慢することも必要なんだよと覚えてもらう。

そうやって、子犬のうちにいろんな経験を積むことが大事なんです。


今のワンコは生後2ヶ月とかでお母さんや兄弟と離されて、ひとりでお店のケージの中で売られていたりするので、圧倒的に経験が足りてないんですね。

そこを教えていってあげるのがご家族の方や周りの人です。

・車を怖がるから車が通らない時間に散歩をする
・散歩を嫌がるから散歩に行かない
・小型犬だから家の中だけで運動になるし散歩は行かなくても大丈夫
・人も犬も怖がるから外に出さない

そんな風にして「家」という狭すぎる社会しか知らないコに育ててしまっていませんか?

・嫌がることはなにもしない
・可哀想だから怒らないようにしている

繰り返していくとワンコさんに自分勝手なルールができあがっていくかもしれません。

お家で間違ったシャンプーをし続けて、お手入れ嫌いにしちゃってる方も多いです。

自分達で手に負えなくなったと1才近くになってからいらっしゃると、お家での嫌なイメージのせいでトリミングがものすごく大変なものになることだってあります。

その先の10年以上をワンコと楽しく暮らすために「シャンプーは家でできるし」「お金がかかる」と言わず、せめて子犬のうちだけでも頑張ってこまめに通ってもらえたらなと思います( ^∀^)

困ったときは色々とご相談くださいね☆
[ 2019/01/08 10:41 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

保湿剤がグレードアップしました♪


シャンプー後に使用している保湿剤の種類が変わりました(*^^*)

今までは柚子やコンニャク由来の『植物性セラミド』を使用していましたが、『ヒト型セラミド』を使用したものへ変更しました♪

正直に言ってしまいますが、

保湿剤って、値段がお高いんですよーーー((((;゜Д゜)))

(笑)


ワンコの皮膚は人の5分の1の薄さしかなく、とても刺激や乾燥に弱いです。

だから全身を毛で覆い、たくさんの皮脂でコーティングして、外からの刺激から皮膚を護っているんですね。

シャンプーをすることで汚れや劣化した皮脂を取り除く訳ですが、シャンプーをすると必要なうるおいも必ず落としてしまいます。

洗浄成分の汚れ落ち具合や刺激レベルはいろいろありますが、どれだけ皮膚にやさしいシャンプーでも「これだけは残すよ~」ってことができません。

なので、シャンプーのあとには『保湿』をして、うるおいを足してあげないといけないのです( ・д・)

私たちも洗顔をしたあとに化粧水を使わないと乾燥してカッピカピになったりしますよね?

ワンコはそれが皮膚が薄い分、もーっとそうなりやすいってことです。

なので、Pawでのトリミングにはシャンプー後に必ず『保湿』という作業があるんですね。


セラミドは、角質層の細胞の間を埋めて水分をとどめている層の80%をつくっている成分で、アトピーのコはこのセラミドが健康な皮膚のコに比べて2分の1以下しか存在していないために、皮膚に水分を十分に留めておくことができなくてより乾燥しやすい肌になっています。

今回、『ヒト型セラミド』配合のものに変更したのは、皮膚に存在しているセラミドと構造が同じなのでより浸透することができるからです(*´・ω・`)b

私達が使う化粧水なんかだと、お値段が高めのものに使用されております。

今使っている保湿剤には11種あるヒト型セラミドのうちの、不足すると乾燥、敏感肌、アトピーへの影響が大きくなってしまうセラミド1・3・6Ⅱの3種が配合されています。

(「ヒト型」とはなってますがワンコちゃんの皮膚にも存在は確認されていますよ)

セラミドのほかには、うるおいを与えるヒアルロン酸、皮膚バリアを支えるフィトスフィンゴシンも配合されております♪

効果が高くなったこととあわせて嬉しいところは、以前の保湿剤はローションタイプだったので、どうしても蒸発しやすい部分もあったのですが、ジェル状のものになったことで持続性も高くなりました☆

保湿剤を変更してから1ヶ月半ほどになりますが、アトピーで乾燥しやすいひじきの皮膚も、フケがでやすいお客さまのワンコちゃんにも効果がでてるなと実感できています(*≧∀≦*)

ちょうど季節的にも乾燥が気になる時期に変えられてよかったよね~♪

(ついでに保湿される私の手もあまり荒れなくなってたり!)

うちのお店ではエアブラシも使っているので、空気で毛を分けつつ、ジェル状の保湿剤でも細かい粒子で吹き付けられるので確実に皮膚に届きます♪

赤いエアブラシを使っているときは『保湿剤』、黒いエアブラシのときは『クレンジングオイル』を皮膚に吹き付けていますので、外から覗くときとかに「お、こいつ今、保湿してるな」とか思いながら見てみてくださいませ(^-^)


(実はクレンジングオイルを使わないとワンコの皮脂は落とせないというお話はまた今度☆)
[ 2018/12/08 09:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)

世界を犬でしあわせにすること




セカイヌ経営塾(旧ペットサロン経営塾)ワンポイントセミナーを受講してきました(^-^)

私はもちろんトリマーではあるのですが、経営者でもあり、お店を続けていくにはトリマーとは全く別の知識が必要で、経営についても学んでいかないといけないのですね~。


今、トリマーは40代になって辞めてしまう人が増えています。

体が壊れてしまうから。

トリミングの料金は30年変わっていない分、今はひたすら頭数をこなさないと利益が取れません。

頭数をこなしても、それでも利益が少ないのでトリマーは低賃金で働くことになり、利益が少なくてお店を回すだけで手一杯だから社会保険もかけてもらえないのが普通だったりします。


「トリマーさんは仕事中の顔が怖い」と、営業で回ってくるメーカーの人に言われることがよくあります。

頭数をこなすために時間に追われて、余裕がなくなり無表情になってしまうから。
(お客さまの前では笑顔かもしれませんが)

心に余裕がなくなると、少しのことでイライラしてしまったり、ワンコの扱いが雑になってしまったり、注意力がなくなって自分自身もワンコも怪我が増えてしまったり…負の連鎖しか生まれません。


40代のトリマーが辞めるということは、経験を10年以上積んだトリマーがいなくなるということ。

時間に追われて頭数をこなすために働くということは、経験が浅いコ達に教える時間もないということ。

現場にいるのが教えてもらう機会がなく成長できないままのトリマーばかりになっていくということ。

そして働いている方はよくご存じじゃないかと思いますが、今時の若いコ達は少し嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうコもいますよね?

見かけたり通っているトリミングサロンでも、人がよく入れ替わっていませんか?

働いても働いてもしんどいばかりで低賃金ですから、続かないことが多いんです。

ベテランの経験者も、これから育つ世代も両方が減っていってしまっているということ。
将来の業界のことを考えるとなかなか恐ろしいものです…(´д`|||)


だからまずは働く環境を変えないといけないんです。

くたくたになるまで働くことなく、トリマーが自分の収入で最低限の生活ができるようにしていかないといけません。

頭数を減らして体にかかる負担を減らして、人を育てる時間をつくらないといけません。

頭数を減らしてもお給料を仕事にみあうようにとしよう思うと、トリミング料金を上げるしか方法がないんですね。

オプションをつけてもらってなんとか売上があがるような料金体系は変えていかないとダメなんですね。


私も今年に40才になりましたが、やっぱり数年前から体力的にも精神的にもこのままだと続けていけないって思っていました。

仕事から家に帰ると疲れてなにも手につかなかった。
やらなきゃいけないってわかっていることもなにもできなかった。

このままじゃダメだと思ったから去年にペットサロン経営塾で勉強をはじめました。

経営の勉強といっても、学ぶことは「利益をだすためにこうしなさい」ということではなく、自分がなにを大切にしていて、なんのために仕事をしているのかを見つけて言葉にすることがメインです。

私が大切にしたいことは、経営理念にもしていますが『あなたと、ワンコと一緒に笑うこと』です。

あなたの笑顔のそばに在りたいと思っています。

そこに気がついたら「自分が心から笑えないような状況で人を笑顔にできるのか?」って思うようになりました。

だから体を休めること、気持ちをリフレッシュすることも大事だと、きちんと休みも取ることにしました。

そして無理なく働けるようにしていくために値上げもさせてもらいました。

きちんと数字の勉強もしてみたら、なかなかな激安料金でやっていたなと思います(^^;

奈良はよく言われますが、変化を嫌う県民性で貯金が大好きな人達が住んでいるところです。

悪くいうとお金にシビアということな訳で、値段が一番重要な方はいらっしゃらなくなる覚悟はありました。

でも応援してくださる方、ほんとにワンコを家族として大切にしてくれている方が残ってくださっています(*^^*)

今、時間も気持ちにもゆとりが持てるようになったので、お客さまとお話する時間が取れるようになったり、こうしてブログを書いたり、プリントを作ったりして、伝えていきたいことを伝えていけるようになりました。

とても嬉しいことです。

うちの店は、今は周辺に比べたら一番値段が高いお店だろうなって思いますが、これからますます人が足りなくなります。

奈良は特に、今でも給料が高い大阪に人手を取られていて、大阪の方が先に状況が良く変わっていくはずなので、人手不足はもっと酷くなっていくんじゃないかと思っています。

募集をかけてもトリマーが来ないからと、お店が閉まるとそこに行っていたワンコが他のお店の予約を圧迫していって、トリマーはまたキャパオーバーの状態で仕事をしていくことになったり、奈良は悪循環を辿ってほんとの手遅れになったときにやっと動き出すんじゃないかな…。

私はそうなったときに、ついてきてくれたお客さまをしっかりと護れるお店でいようと思っています(^-^)


飼い主さんが「犬を飼っていてよかった」と思えて、私たちが愉しく働けて、健全な経営があることで、ワンコがしあわせになり、世界中の人達がしあわせになります。

そんなことを学んだセミナーで今年分のセミナーはおしまい☆
流れが早い社会状況にあわせて毎年内容が変わるので、経営塾はまた来年も通う予定~楽しみ楽しみ♪
[ 2018/12/01 14:10 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)